忍者ブログ
自転車ブログ from 横浜
シュワルベ、DURANO(デュラノ)20x1.10と同じくシュワルベのSV6(20x1.10-1.50)というタイヤとチューブを購入した。




現在使用中のタイヤ(シュワルベ、ビッグ・アップル)は走行距離約9,929kmとなっているのでそろそろ交換時期だなと思っていたが先日のサイクルコンピューターの配線をいじった時に誤ってカッターナイフでタイヤ側面を突き刺してしまったということもあり予定より早めに交換することにした。
 とりあえず応急処置で内側から布ガムテープを貼り付けて水曜日は多摩丘陵を走行してみたけどやっぱりちょっと不安というか危険…。(でもまあ100km近くを無事に走破できたので10,000kmまで頑張ってみるか)


 交換タイヤは今まででと同じBIG APPLEでもよかったのだが今回はより細く軽量で高圧なタイヤを試してみようということでシュワルベ社のステルビオ、マラソンレーサー(20x1.5)、パナレーサー社のミニッツライト(20x1.25)、ミニッツタフ(20x1.25)、コンチネンタル社のスポーツコンタクト(20x1-1/8)などが比較的容易に入手できるようであったがシュワルベ社のステルビオの後継であるデュラノ(ワイヤービード)が割と安価で売っていたので購入した。
 これぐらい細くなるとチューブのほうも交換しないとならなくなってしまったがまあパッチ修理だらけだったし2年以上使用してきたのでよいタイミングだっただろう。
 ワイヤービードともうひとつケブラービード(繊維)仕様のものもあるようだけどこちらは結構高価になるようだが多少軽量で折り畳むことができるということなので1本スペアタイヤとして持ち歩くと安心できそうだなあ。
 このタイプのタイヤでは未舗装路を気軽に走行とかは無理でしょうかねえ。やっぱりマラソンレーサー(20x1.50)あたりにしておいたほうが無難だったかなあ…。まあいろいろ体験してみるのも悪くないかも。


自転車関連のブログランキングへ

拍手


HOME
Page Top

Comment
この記事にコメントする
名前
Name
URL
メール
Mail
文字色
Font Color
タイトル
Title
コメント
Comment
パスワード
PassWord


最新記事
最新コメント
[02/24 六浦っ子]
[12/18 六浦っ子]
[12/11 六浦っ子]
[09/14 ナガ]
[08/11 ナガ]
アーカイブ

忍者ブログ [PR]
PR