忍者ブログ
自転車ブログ from 横浜
菊名-馬場-三ツ池公園-鶴見川沿い-大黒ふ頭-みなとみらい-横浜中央図書館-大岡川沿い-みなとみらい

走行距離:約50.92 km
走行時間:約4時間6分

平均速度:12.4 km
平均ケイデンス:57 rpm
最高速度:38 km(坂)
最高ケイデンス:109 rpm
積算走行距離:約2,268 km

最高気温:17.8度
最低気温:9.2度
平均風速:5.6m(北、東、南西)
日照時間:9.1時間

自転車関連のブログランキングへ

今回の折り畳み自転車、DAHON(ダホン)Speed号でのツーリングは先週に引き続きお花見ポタリングと題して鶴見の三ツ池公園からあとは気儘に走行した。
 
 まずは三ツ池公園に向かいこぎだす。水道道で松見町、馬場、鶴見貯水池前で左折し北寺尾とアップダウンの激しい道を走行していき鶴見高校の先を左折して坂道を下ると三ツ池公園正門前に到着。(鶴見川沿いから北門のほうが距離は多少あるが遙かに楽であった)


●三ツ池公園にて

 桜のほうはもう散り始めで葉も出てきていたが今年の見納めだろうということでコリア庭園以外を丹念に散策してみた。


●三ツ池公園にて
 
 じゅうぶんに堪能し北門から末吉橋に向かい鶴見川右岸沿いを走行してみることにした。所々に桜も散見されたが見頃を過ぎた感じで少々寂しい感じがした。
 森永製菓前を通過し鉄道高架橋の下のトンネルをくぐってR15で一旦途切れるので細い路地をつたって再び川沿いへと復帰し芦穂橋を通過して潮鶴橋手前で再び途切れてしまい(橋の下の護岸部分を走行できそうな気もした)、潮鶴橋前の交差点を大きく迂回して再び川沿いへ潮見橋、臨港鶴見川橋と過ぎて前回同様に生麦手前付近で行き止まりとなった。


●鶴見川右岸河口付近の工事中

 この先は現在工事中であり柵がしてあったが舗装された道が更に先へと続いているようであった。
 階段を自転車を担いで土手沿いの一般道に降りて直進していくと民家の裏庭を抜けて細長い公園のような脇をとおりぬけて大黒ふ頭へ続く道に行き当たった。
 
 ここまできたのだから久々にベイブリッジ下まで行ってみようと左折するが少し後悔の念が芽生えはじめた。やはりスケールが大きな埋め立て地な上に急傾斜な橋を渡らなければならないので往復するとなると一仕事となってしまうのである…。
 くるくると漕ぎつづけて大黒大橋の上から見晴らしてみるがあいにく靄ってしまっていて今ひとつであった。


●大黒大橋にて

 ベイブリッジの脚もとにある大黒ふ頭中央公園やその周辺をまわり橋の真下で休憩することにした。
 人影もまばらでのんびりと休憩後にみなとみらい地区に向かうことにした。


●大黒ふ頭中央公園にて

 みなとみらい地区に到着し国際橋の脇から万葉の湯横に降りると何本か桜が植えられていた。
 そのまま新港パークから赤レンガ倉庫へと進むと何やら花関連のイベントが催されていた。


●赤レンガパークにて

 最後に道路を横断して汽車道を散策して中央図書館に向かうことにした。


●汽車道より桜とランドマークタワー

 中央図書館で本を借りたあとに少し館内をうろうろする。本日は5時で閉館(土日祝祭日)との放送があったので図書館を後にして大岡川沿いを少し走行してみる。既に祭りの後といった感じで寂しげであった。


●日の出町付近の大岡川にて
 
 最後にみなとみらいにあるホームセンター等で工具その他を購入して帰宅しようと外に出てみると雨がぽつりぽつりと降り始めてしまった。急いでペダルを漕ぐが雨あしが強くなりずぶ濡れとなってしまった…。
 雨は帰宅後1時間ほどで止んだのでどこかで少し様子をみてればよかったなあなどと思っても後の祭りである。
 幸い荷物は途中でビニール袋の中に放り込んでおいたので濡れずにすんだのは不幸中の幸いか…。


自転車関連のブログランキングへ

拍手


HOME
Page Top

Comment
この記事にコメントする
名前
Name
URL
メール
Mail
文字色
Font Color
タイトル
Title
コメント
Comment
パスワード
PassWord


最新コメント
[02/24 六浦っ子]
[12/18 六浦っ子]
[12/11 六浦っ子]
[09/14 ナガ]
[08/11 ナガ]
アーカイブ

忍者ブログ [PR]
PR