忍者ブログ
自転車ブログ from 横浜
新横浜-多目的遊水地-鶴見川右岸沿い-落合橋-中山駅裏-恩田川沿い農道-新治町-梅田川沿い-梅田谷戸-川井本町(R16)-海軍道路-瀬谷西高校前-瀬谷中央公園付近-瀬谷図書館前-鹿島橋(境川沿い)-鷺舞橋前-鷹匠橋(左岸へ)-立石橋-水再生センター沿い-東俣野陸橋-鉄砲宿-滝ノ川沿い-老人ホーム前-中道橋-東正院-小雀浄水場外周-面谷戸バス停付近-田谷-笠間大橋-ながお橋-柏尾川沿い-戸塚図書館前-戸塚踏切-蔵坪-柏尾川沿い-上柏尾(R1)-権太坂-保土ヶ谷駅前-高島町-横浜駅東口-青木橋-東神奈川駅前-岸根-新横浜

走行距離:72.57 km
走行時間:4時間23分

平均速度:16.5 km/h
平均ケイデンス:73 rpm
最高速度:41.0 km/h
最高ケイデンス:118 rpm
積算走行距離:約20,400 km

最高気温:9.6℃
最低気温:2.8℃
平均風速:3.9m(北、東、北)
日照時間:9.0時間

●戸塚区、小雀浄水場外周にて

走行日:2013.2.11

今回は鶴見川、境川経由で横浜市と鎌倉市の市境付近にある小雀浄水場付近まで走行した。前回の走行から約3週間ぶりと間があいてしまったがまあ100km未満ならなんとかなるだろうということで昼すぎに出発。天気は良いが気温は低めでやや風が強い。新横浜あたりから鶴見川にでて上流方面に向かう。

●港北区、新横浜駅前公園にて

 落合橋に到着しちょっと息を整える。風が冷たくなかなか体が温まらなかったがようやくウォーミングアップ完了といった感じ。川沿いを離脱し中山駅裏から恩田川沿いの農道経由で新治町交差点へでて道路を横断。ここから梅田川沿いの遊歩道をのんびりと走行していく。梅田谷戸を抜けてR16号線にでる。上川井インターチェンジあたりから渋滞が続いていたので注意しながら横をすり抜けて行く。海軍道路に午後2時半すぎに到着。ここまで1時間ちょっとかかっている。急げば1時間程度だろう。丹沢方面はやや雲がかかっている。

●瀬谷区、海軍広場?前にて

 桜並木を抜け瀬谷西高校前を右折して横道探索してみる。ブロック一帯で建て売り住宅の建築ラッシュ。突き当たりにでたので地図を確認。右手は下り、左は環状4号線だ。迷いつつ右手に下るとすぐに公園がある。公園の沿いの道を進んでいく。ややアップダウンがある。道なりに進むと小さな川沿いにでた。川は右手に曲がっていくようだがそのまま直進していくと瀬谷図書館前交差点付近にでた。図書館前を通過し坂道を下って相鉄線ガードを抜け右折すると境川だ。境川沿いにでると追い風基調で快適に走行。相鉄いずみ野線?の高架下あたりでは新たに遊水地を建設中のようだ。午後3時半頃に鷺舞橋前の休憩所(今田休憩所?)に到着。ということは約2時間ちょっとかかったようだ。

●境川沿いにて(藤沢市湘南台付近(左上)/鷺舞橋(右上)/藤沢市西俣野付近(左下)/藤沢市白旗付近(右下))

 ベンチに座って持参した饅頭を食べる。ちょっと日影になっていて風が冷たいので早々に出発。サイクリングコースの終点付近の白幡休憩所?で地図を確認。そのまま引き返すと向かい風が辛そうなので横浜の市境をちょっと探索しつつ帰ることにする。このあたりは境川を挟んで横浜と藤沢の市境で横浜市の南西端部分となっている。終点の橋を渡って左岸に渡り学校の前を過ぎると未舗装の道となる。水道管橋をくぐって上流方面に進むと立石橋にでる。ここと水道管橋との中間地点あたりが市境らしいが水再生センター内なので厳密に辿ることはできない。

●境川沿い(戸塚区東俣野町、鷹匠橋〜立石橋間にて)

 しかたないので水再生センターに沿って国道1号線方面にのぼっていくことにする。途中でこの先行き止まりという看板のある脇道に右折。行き止まりの手前に階段があったので自転車を担いでのぼってみることにする。結構長く途中で舗装路になったりしてのぼっていくと分岐地点にでた。脇に市境を示すものかどうかは不明だが“界”と文字が彫ってある石柱がある。左右はフェンスに覆われていて侵入できないようになっている。そのままのぼっていくと藤沢バイパスの側道上にでたようだ。

●水再生センター脇の階段にて(上・中)/戸塚区東俣野、影取町付近の藤沢バイパス

 陸橋を渡り地図を確認。右折して鉄砲宿信号を渡るようだ。このあたりは横浜市戸塚区、鎌倉市関谷、藤沢市大鋸と境界線が入り組んでいて飛び地もあり複雑だ。市境は北進して住宅地と農地との間らしいが厳密に辿るのは難しそうなので急坂を下って川沿いに進むことにする。

●市境の道にて

●この畑と上の住宅地との間が市境らしい

 川は小さな川で滝ノ川という表示があった。下流方面は舗装され住宅地の間を抜けていくようだが上流へは農地の脇の未舗装路となっている。しばらく進むと道幅が極端に狭くなり老人ホーム横にでた。ここから先は川沿いの道もなくなるようだ。さてどうしようと地図を確認する。このあたりは結構農地が広がっているようだ。川から少し離れた道を行き大通りを左折すると中道橋交差点にでた。この先も川沿いには進めそうもないので引き返して小雀浄水場に向かうことにする。

●鎌倉市関谷、滝ノ川沿いにて

 東正院交差点を左折すると前方にアンテナが見える。右にカーブすると浄水場へののぼりとなる。それほど長くはなくほどなく浄水場の門前に到着。市境は浄水場内を南西に続いているようだ。門が閉まっていて中へは入れないようだ。時刻を確認すると午後4時50分すぎ。脇に小さな公園がある。少し先へ行くと右手に小雀公園があるが今回は日暮れも近いので寄らずに直進。分岐地点では右手の浄水場沿いの坂道をのぼっていく。左手の展望が開けてきた。

●戸塚区、小雀浄水場外周より横浜市内を望む

 遠くにランドマークタワーを確認できた。手前に広がっているのは港南区、保土ヶ谷区、磯子区あたりだろうか。なかなかの眺めだ。更に外周を回っていくと箱根、富士山、丹沢あたりの山並みが夕暮れのシルエットにぼんやり浮かんでいた。柵伝いにちょっと上へのぼってみる。ちょうど箱根方面に夕陽が沈んでいくところだった。残念ながら富士山は頂上付近に雲がかかっていてぼんやりしている。

●戸塚区、小雀浄水場外周より横浜市内を望む"

 さて暗くなってしまう前に知っている道にでたいので急ぐことにしよう。未舗装の外周道路をちょっと探索して引き返し坂道を下っていくと面谷戸バス停付近の信号にでた。とりあえず市境探索はここまでにしておくことにする。

●戸塚区、小雀浄水場外周より箱根、富士山、丹沢方面を望む

 田谷から笠間大橋にでて柏尾川沿いにでる。ライトを点灯し戸塚駅前にでる頃にはすっかり暗くなってしまった。駅前の踏切がちょうど降りてしまったので左折して柏尾川沿いをいくことにする。陸橋を渡り上柏尾でR1にでる。向かい風基調&太腿の疲労のためか速度が上がらない。権太坂をのぼり今回はそのまま高島町までR1を走行。午後7時頃になんとか帰宅。暗くならなければもうちょっと先まで市境探索をしたかったがまた次回の楽しみにしておこう。ただこの辺りは大船駅前にでるまでは厳密に辿ることが難しそうだが…。今回は体力的にはまだ不充分だったけどわりとメリハリのあるコースでそこそこ楽しく走行できたかな。ただ気温がまだまだ低いのでポタリングするにはなかなか辛い時期だな。交換したチェーンもとりあえず今回は不具合はなかったようで以前よりもスムーズにペダルが回るような気もしたが追い風のせいだったかな…。
 
自転車関連のブログランキングへ

拍手


HOME
Page Top

Comment
この記事にコメントする
名前
Name
URL
メール
Mail
文字色
Font Color
タイトル
Title
コメント
Comment
パスワード
PassWord


最新コメント
[02/24 六浦っ子]
[12/18 六浦っ子]
[12/11 六浦っ子]
[09/14 ナガ]
[08/11 ナガ]
アーカイブ

忍者ブログ [PR]
PR