忍者ブログ
自転車ブログ from 横浜
新横浜-亀の甲橋(鶴見川沿い)-寺家ふるさと村-鶴見川沿い-新羽橋-新横浜

走行距離:47.54 km
走行時間:3時間2分

平均速度:15.6 km/h
平均ケイデンス:68 rpm
最高速度:39.0 km/h
最高ケイデンス:113 rpm
積算走行距離:約20,328 km

最高気温:10.9℃
最低気温:1.6℃
平均風速:4.0m(北、北北西、北北西)
日照時間:9.1時間


●青葉区、寺家ふるさと村にて


走行日:2013.1.20
 天気も良かったのでなまった身体を鍛えに?それほど遠くない場所まででかけてみようということで10時頃に出発。とりあえず鶴見川沿いを走ってみることにする。大通りは先日降った雪の影響なく走行できた。新横浜あたりの公園の土手の斜面にはまだ解けていない雪が白く残っている。日産スタジアム横の駐車場にまたミニ・クーパーが沢山駐車している。愛好家のミーティングなのだろう。確か去年も遭遇したな。


●港北区、日産スタジアム近辺にて


 亀の甲橋から上流方面をのぞむと薄っら白く冠雪した丹沢と富士山、さらに南アルプスらしき山並みも見えるほどの快晴だ。


●亀の甲橋から丹沢、富士山、南アルプスを望む


 土手の未舗装路は避けて脇の道路をいく。いつものところで左折しようとするとこの先行き止まりの看板があったのでそのまま直進。数百メートル先を左折すると土手に上がる新たなスロープが未完成らしいができていた。


●大熊橋近辺にて


 スロープの手前はぬかるんでいたので足下に注意しながら通過し土手にあがる。大熊川との合流地点付近は自動車道の工事が行われていて道幅が狭くなっている。


●大熊橋にて

●大熊橋~小机大橋間にて


 丹沢と富士山をのぞみながらのんびりと上流に向かう。左岸側はほとんど土手上の雪は解けていて走行に問題なかった。橋の下に一部残こっていた程度だ。ほどなく市ヶ尾高校裏に到着。まだ時間はありそうなので寺家ふるさと村までいってみることにする。少し戻って橋を渡り右岸を走行。こちらは日影になっている部分が数百メートルに渡り雪が残り凍ってしまっていた。自転車を押して足下に気をつけながら通過。


●鶴見川沿い(宮前橋~常盤橋間)にて


 常磐橋手前で雪もなくなり乗車。寺家ふるさと村に11時半頃に到着。水田や日影の道、丘の斜面に雪が残っていた。ひとまわりして熊野池の駐車場に駐輪して散策路を歩いてみることにする。ややぬかるんでいたが熊野神社方面に向かってみる。神社の裏手あたりから急斜面でちょっと足場が悪い所があったがなんとか到着。靴が泥だらけになったので脇にあった水道で軽く洗い流し神社にお参りして引き返すことにする。


●青葉区、寺家ふるさと村にて


 駐車場脇で缶コーヒーを飲んで一服。釣り堀は結構賑わっているようだ。さてお昼過ぎたし帰ることにしよう。再び鶴見川沿いを走行。川和あたりの豚舎に豚がいなくなっている。


●鶴見川沿いにて(都筑区、川和町付近)


 復路はちょっととばした区間があったせいか後半太腿が攣り気味に…。新羽橋で右岸に渡り折り返す。日差しがぽかぽかで気持ち良い。横浜アリーナ裏手あたりの土手は3月下旬まで改良工事のため通行止めとなっていたので脇の階段を自転車を担いで降りる。


●鶴見川沿い(港北区、新横浜近辺にて)


 昼すぎからはやや強風となり体力低下した身体にはやや辛かったがなかなか気持ち良く走行できた。

拍手


HOME
Page Top

Comment
この記事にコメントする
名前
Name
URL
メール
Mail
文字色
Font Color
タイトル
Title
コメント
Comment
パスワード
PassWord


最新記事
最新コメント
[02/24 六浦っ子]
[12/18 六浦っ子]
[12/11 六浦っ子]
[09/14 ナガ]
[08/11 ナガ]
アーカイブ

忍者ブログ [PR]
PR