忍者ブログ
自転車ブログ from 横浜
反町公園-滝の橋-みなとみらい-山下公園-中村橋-宮元町三(鎌倉街道)-上大岡駅前-公田-鎌倉女子大前-北鎌倉美術館前-横須賀線沿い-北鎌倉駅前-鶴岡八幡宮前-滑川(R134)-稲村ガ崎公園-江の島水族館前-鵠沼橋-茅ヶ崎サザンビーチ-湘南大橋-花水川橋-大磯駅入口(R1)-二宮駅入口-国府津駅前-酒匂橋-小田原市民会館前-早川口-三枚橋(箱根旧道)-須雲川インター-発電所前バス停-畑宿バス停(一里塚)-七曲り-猿すべり坂-お玉ヶ池-畑宿入口(R1)-元箱根-箱根関所南(K75)-富士見峠-大観山(椿ライン)-天照山バス停-椿台-湯河原駅前-湯河原高校前 (R135)-真鶴駅手前ガードくぐり県道へ-真鶴駅前-根府川駅前(R135)-早川駅前-早川口(R1へ)-国府津駅前-二宮駅入口-大磯駅入口-宮の前(平塚駅入口)-茅ヶ崎駅(輪行)-東海道線-横浜駅-青木橋-反町公園

走行距離:168.3 km?
走行時間:10時間27分?

平均速度:16.1 km/h?
平均ケイデンス:64 rpm
最高速度:50 km/h
最高ケイデンス:120 rpm
積算走行距離:約17,122 km
※サイクルコンピュータを紛失したのでケイデンスデータ以外は数値は地図上、経験値による。

最高気温:34.1度
最低気温:26.7度
平均風速:3.3m(南西、南南東、南南西)
日照時間:8.9時間


●箱根、大観山にて
走行日:2011.8.14

自転車関連のブログランキングへ

今回は猛暑が続く中ちょっとしんどかったけど横浜〜鎌倉〜湘南〜小田原〜箱根〜湯河原とほぼ神奈川県を横断するコースを走行。午前4時頃まだ暗い中出発。みなとみらい地区に向かう。空気はもやっとしていて蒸し暑い。空を見上げると満月に近い月が浮かんでいた。

●象の鼻パークにて

 山下公園前から中華街を通り抜けて元町通りの裏道にでてみる。石川町駅あたりから首都高速下の道を走行してやや複雑な中村橋交差点でR16号線を横断。蒔田町方面に向かうと鎌倉街道につきあたったので左折。上大岡駅前を通過する頃には空が明るんできた。鍛冶ヶ谷の坂を気持ちよく下って鎌倉女子大前を左折。やとのまえ橋?で左に折れて裏道に入ってみる。住宅地を抜けてつきあたりを右折するとJR横須賀線踏切手前にでた。大通りにでないで左に折れ手彫りの短いトンネル抜けて線路沿いに進むとほどなく北鎌倉駅(0532)。ホームに何人か人影がある。円覚寺前を抜けて再び鎌倉街道に合流し洞門から豪快に下ると鶴岡八幡宮前に到着(0537)。まだ早朝の時間帯なので人影もまばらだ。10分ほど休憩して若宮大路を南下し由比ヶ浜にでる(0554)。ちょっと曇っていて湿気も多い感じ…。それでも早朝の海岸沿いは気持ちよい。

●円覚寺前にて(左上)/鶴岡八幡宮前にて(右上・中左)/若宮大路にて(中右・左下)/由比ヶ浜にて(右下)

 海を眺めつつ稲村ガ崎に移動(0604)。江の島は霞んで見えている。石碑の横にテントが張ってあり人影が…。七里ヶ浜の駐車場に入ってうろうろしていると雲間から朝日がのぞいた。今日も暑くなりそうだ…。江の島水族館横から海岸沿いにでてみる(0619)。海の家が建ち並んでいて人が多い。R134号線にでて茅ヶ崎あたりまで走行する。Cのモニュメントが見えたので海岸沿いのサイクリングコースに降りてみることにする。コースにでる前のぬかるみにタイヤをとられて転倒…。横の店の人に「大丈夫?ここ砂で滑りやすいんだよ気をつけてね」と声をかけられたので。反射的に大丈夫ですと答える。砂を払ってダメージがないか確かめてみると緩い速度だったので肘と膝を少し擦りむいた程度ですんだようだ。

●稲村ガ崎にて(左上・上中)/七里ヶ浜にて(右上・中左)/湘南海岸にて(中・中右)/R134、辻堂付近(左下)/茅ヶ崎サザンビーチ付近にて(中下・右下)
 しばらくコース沿いを走行して柳島手前で再びR134号線に復帰。湘南大橋を渡り(0717)ちょっと速度をあげて走行してみる。防風林があり路面もよいせいか30km超の速度を維持していける。花水川橋を渡り大磯へ入りR1号線へでる。ちょっと気温が上がってきたし疲れてきたので大磯城山公園で小休憩(0747)。ここからはちょっとペースダウンして酒匂橋に8時すぎに到着。ふと手元を見るとタオルがない…どうやら落としてしまったようだ…。ということでコンビニでタオルなどを購入して小田原城の藤棚付近で小休憩。

●湘南大橋にて(左上)/大磯付近にて(右上・中左)/酒匂橋にて(中右)/小田原城の藤棚付近にて(下)

 気温はすでに30℃以上あるのではないかと感じられるくらいに暑い。右膝外側の筋にいまのところ痛みはないがやや違和感がある。これは旧道の急坂で痛みがでるのは必至だろう…。やや不安な気持ちを抱えて重い腰を上げいよいよ箱根方面に向かうことにした。
 早川口を通過ししばらくすると前方を走行している自転車に追いついた。大学生かまだ20代といった感じ。暑いですねえなどと話しをする。どこまで行くのか訊ねると京都までとのこと…。無事に辿り着いたのだろうか…。ほどなく畑宿方面の標識があらわれて左折するといよいよ箱根旧道だ。三枚橋には9時半頃に到着。すでにかなり暑い。10分ほど休憩している間に何台かロードバイクの人が通過していく。いつまでも休憩してるわけにはいかないのでよろよろと芦ノ湖に向けて登坂を開始する。コンビニ前を通過しなかなかの急坂をのぼっていく。短いアップダウンをこなして須雲川インター信号を通過。さらに進むと左手にトイレが見えたのでたまらず休憩。かなりオーバーヒート気味で頭にボトルの水をかけて冷却。麓から約4km地点くらいだろうか…。脇に自然探勝歩道などという案内板があり奥に続いていた。15分ほど休憩して再スタート。須雲川橋を渡ると前方に急坂見えてきた。赤鳥居のある大天狗山神社前の坂らしい。ここは立ち漕ぎでクリアすると今度は直線の坂…。発電所バス停前を通過しなんとか畑宿に到着。ここでも無理せず休憩…頭から水をかけて冷却。自転車の人がいたので挨拶する。今回は予想はしていたけど暑さにやられてぐだぐだな感じだ。15分ほどして出発。さていよいよ難所の七曲がり区間だ。入口のカープ手前で写真を撮っていると颯爽と自転車が駆け下ってきた。結構荷物を積んでいたので長距離ツーリングしてきたのだろうか。

●箱根の麓にて(左上)/三枚橋にて(中上・右上)/須雲川橋付近にて(中)/大天狗神社付近にて(左下)/畑宿にて(中下)/七曲がり入口にて(右下)

 七曲がりはリズムよくといきたかったがなんだか力が入らずよろよろとクリアしたが疲れたので頂上脇の柵内で3度めの休憩。木のベンチがあったので横になる。何か補給しておこうかと思ったが固形物は胃がうけつけない感じ…。しょうがないので飴をなめることにする。このあたりまでくるとさすがに吹く風も多少涼しい感じ。ここでも15分ほど休憩後に出発。

●七曲がりにて

 見晴らし茶屋前を通過。結構混んでいるようだ。猿すべり坂を通過して甘酒茶屋横の休憩所で4度目の休憩。ロードバイクの二人組の人とちょっと話をする。東京方面からきたらしい。水分補給して汗が引いて落ち着いてからスタート。ここからはたいした坂はなかったはずだがと思っていたがなかなかどうしてお玉が池まではまだまだのぼりがあった…。幟がはためくどさん子ラーメン屋前からは芦ノ湖への下りだ。時刻はすでに12時半すぎ…。いったい何時間かけてのぼったのか…とりあえず押し歩きはしなかったのでよしとしよう。思ったより車の交通量も多かったな。それでもR1号線に比べればぜんぜん少ないが。

●七曲がりにて(左上)/甘酒茶屋となりの休憩所付近にて(右上・中左)/お玉が池にて(中右)/畑宿入口付近にて(下)

 気持ちよく元箱根まで下って湖畔にでる。茶屋であったロードバイクの人とまた遭遇。曇り気味で富士山は見えない。吹く風はそこそこ涼しく気持ちよい。箱根関所南まで移動することにする。道路は混んでいて観光客もいっぱいだ。

●芦ノ湖にて/箱根駅伝スタート・ゴール地点にて(下)

 さてこの先どうしようかなと思ったが雨の心配もなさそうだし予定どおり大観山経由椿ラインで湯河原まで下ることにする。関所南の信号を渡って大観山へ約5kmほどののぼりに突入。旧道と違って傾斜は緩めだけど直射日光が当たって暑い。途中の気温表示では25℃とでていた。富士見峠で小休憩しさらにひとのぼりすると大観山に到着した(1400)。ここもビューラウンジ以外は日陰がなく直射日光に晒されるが風が気持ちよいのでそれほど暑さは感じない。何か食べようかと思ったがまだ胃腸がうけつけないようだ…。とりあえず液体は大丈夫なようなのでコカコーラを流しこんでおく。しばらくベンチで横になったりして20分ほど休憩後に出発。

●芦ノ湖〜大観山にて

●大観山より芦ノ湖方面をのぞむ

 椿ラインへの長い下りにはいる。こちら側はわりと天気がよさそう。

●椿ラインにて

 ちょっと下った天照山バス停の奥に鳥居が見えたので停止してみる。脇に白雲の滝 350Mという標識があったので少し下ってみるが結構急傾斜。右膝も少し痛みがあるということで今回は途中で引き返す。また機会があったら寄ってみることにしよう。再び椿ラインを気持ちよく下っていく。椿台あたりまでくるとちょっともわっとした空気になってきた(1500)。傾斜は緩めなのでそれほど恐怖感も感じず快適に下っていける。中盤からやや路面が荒れている感じ。温泉街に突入し湯河原市街地を抜けて国道にでると灼熱地獄だ(1530)。

●椿台付近にて

●大観山〜湯河原(椿ライン)にて

 海水浴帰りの人らが歩道を結構歩いている。道路は渋滞気味なので横をすり抜けてひとのぼりして真鶴駅前のガードをくぐり県道へでる。ここから上り基調の道。右手側に時々海が見晴らせるポイントがある。切り通しのようなところを抜けると下りに転じた。気持ちよい道だがかなりへばってきた。根府川駅前でたまらず小休憩(1625)。自販機で炭酸飲料を補給。国道に合流すると大渋滞。慎重に横をすり抜けていく。早川口に17時前に到着。朝にも寄った小田原城の藤棚付近で休憩。あとはひたすらR1を東進するのみだ。酒匂橋を渡り国府津、二宮を抜けて大磯城山公園で小休憩(1810)。ここまで若干追い風気味で助けられた。

●真鶴旧道にて(上)/根府川駅にて(中)/早川口にて(左下)/大磯付近(右下)

 さて日も暮れてきたし無理せずに輪行で帰るかということで大磯駅前にでる。自転車をいったん折り畳んだのだがまだ明るいしもうちょっと走って久々に160km越えしておこうかと思いなおして再び自転車を展開して走り出す。相模川を渡り茅ヶ崎駅前にくる頃には無事160km近くとなり暗くなったので輪行することにした。駅前は混んでいたので地下通路で南口に回ってみる。こちらはスペースがあったので汗を拭ってさっと折り畳み改札口までよろよろと階段を担いでのぼる。疲れた身体にはけっこうしんどい。

●茅ヶ崎駅前にて

 ホームに降りて電車に乗り込む。なぜか平塚駅に到着…階段のぼり隣のホームへ渡り今度はよく確認してから乗り込む。横浜駅で降りて中央改札を抜け東口方面ヘでた。やっぱり北改札にでたほうがよかったかな。自転車を展開してのんびりと走行し8時半すぎに無事帰宅。
 
 今回は夜明け前に出発したので睡眠時間も数時間で(前日は8時間以上寝ていたのだが…)猛暑の中、長距離+急坂の箱根旧道ということでどうかなと思っていたけどなんとか大きな事故もなく走れきれた。ただ水分摂りすぎたせいなのか胃腸がやられて食欲がほとんどなくなり固形物をうけつけなくなってしまったのが辛かった。あまりがぶがぶと一気に飲まずにこまめに少量ずつ飲むのがよいのだろうけどのどは乾くしなかなかむずかしそう。翌日になっても食欲なくようやく火曜日の朝から復調した。それ以外のダメージは右膝外側(腸頸靱帯)がやや痛んだがこれはたいしたことなかった。あとはお尻と太腿に軽い筋肉痛といった程度か。一番暑い時間帯は標高の高い場所を走行をしていたとはいえ(のぼりだったが)やはり真夏に長距離は辛いな。



自転車関連のブログランキングへ

拍手


HOME
Page Top

Comment
この記事にコメントする
名前
Name
URL
メール
Mail
文字色
Font Color
タイトル
Title
コメント
Comment
パスワード
PassWord


最新コメント
[02/24 六浦っ子]
[12/18 六浦っ子]
[12/11 六浦っ子]
[09/14 ナガ]
[08/11 ナガ]
アーカイブ

忍者ブログ [PR]
PR