忍者ブログ
自転車ブログ from 横浜
東神奈川入口(R15へ)-六郷橋-梅屋敷公園-品川駅前-新橋駅前(桜田公園)-京橋駅前-八丁堀駅前-新川2-中央大橋(隅田川右岸沿いへ) -永代橋、隅田川大橋、清洲橋、新大橋-浜町公園-両国橋、蔵前橋、厩橋、駒形橋、吾妻橋、言問橋、桜橋、白髭橋、水上大橋-汐入公園-千住汐入大橋、千住大橋、尾竹橋、尾久橋、小台橋-あらかわ遊園-豊島橋、新田橋、新上谷橋、志茂橋-岩淵水門、新岩淵水門(荒川右岸沿いへ)-新船堀橋-船堀駅前(船堀タワー)-新船堀橋-清砂大橋-葛西臨海公園-葛西橋-仙台堀川公園-木場公園-深川1-門前仲町-永代橋-八丁堀-築地市場前-海岸通りへ-潮路橋-高浜橋-八潮橋-鮫洲公園-鈴ヶ森(R15へ)-新六郷橋-鶴見橋-東神奈川

走行距離:約141.7 km
走行時間:約8時間19分

平均速度:17 km
平均ケイデンス:66 rpm
最高速度:39 km
最高ケイデンス:155 rpm
積算走行距離:約3,670 km

最高気温:25.9度
最低気温:21.3度
平均風速:3.6m(北東、東、南東)
日照時間:1.4時間

自転車関連のブログランキングへ

今回の折り畳み自転車、DAHON(ダホン)Speed号でのツーリングは隅田川沿いを遡上して荒川沿いのCRを河口に向けて走行してみることにした。

 まずは東神奈川(神奈川新町付近)よりR15号線にでて例によって生麦、鶴見、川崎と走行していく。若干の向かい風のようで先週よりも少しきつい。
 六郷橋を渡りさらに蒲田の梅屋敷公園で休憩。汗かいたので顔を洗うがタオルを忘れたのに気づく…。
 
 さらにこぎこぎして大森、平和島を抜けて品川駅手前の目黒川の橋(東海橋、新馬場駅前)あたりでちょうど出発してから1時間と以前走行したときよりも早くなっているようあった。
 
 八ツ山橋、品川駅前を通過後にペースダウンしてのんびりモードに切り替える。
 泉岳寺の駅前に地下鉄の職員らしき人がたっていた。何か事故があったようで電車がストップしているようだった。
 札の辻、芝4、大門、浜松町と通過して新橋駅前に到着。桜田公園でトイレ休憩する。
 しばらく休憩後に銀座中央通りを抜けて京橋駅前を右折して鍛冶橋通りを走行する。八丁堀前を通過して新川2を右折し中央大橋の真ん中までいき引き返して隅田川右岸をなるべく川にそって走行していくことにする。
 
 中央大橋から永代橋までは遊歩道が整備されていて自転車も走行できるようになっていたがその先の隅田川大橋を抜けて清洲橋の手前で遊歩道も終わり横道をごちょごちょと走行し清洲橋から先で遊歩道が復活するが浜町公園先で消滅。両国橋まで一般道を走行し柳橋という風情のある橋を渡る。


●永代橋より佃島方面を望む

●新大橋を望む

●柳橋にて

 このあたりは隅田川テラスがあったようだが自転車乗り入れ禁止なので今回は乗り入れずに脇道を川沿いに走行して蔵前橋、厩橋、駒形橋に到着。
 さらに吾妻橋脇から前回きた隅田公園に侵入そのまま通り抜けて言問橋、桜橋と通過し白髭橋(明治通り)に到着した。階段を数段自転車を持ち上げて橋のたもとにでる。


●厩橋を望む

●駒形橋より吾妻橋方面を望む

 先週はここまで走行したが今回はさらに上流の荒川との分流地点(岩淵水門)を目指して走行していくことにする。横断歩道を横断すると遊歩道が続いている。土手上で見晴らしが良く気分良く走れる。汐入公園手前でいったん途切れるが少し先へ行くと再び川沿いの遊歩道へ入ることができた。このあたりで大きく川は向きを変えて北から西へと向かっていた。

 川沿いの一般道をたどりながらなんとか千住大橋(R4)に到着。
 さらになるべく川沿いに走行していくが町屋に入ると路地裏探索といった趣になってきた。ようやく尾竹橋に到着。
 さらに川沿いの路地を走行していき尾久橋、路地をごちょごちょと走行していくとあらかわ遊園前に出た。アニメのコスプレをした人達がいて異様な雰囲気となっていたが遊園地ということもあって案外馴染んでいた。


●あらかわ遊園前にて

 さらにすすむと堀船という町名表示となり豊島となり豊島橋に到着。新神谷橋手前で遊歩道が出現したのでしばらく進むと東京水辺ラインの神谷発着所に到着した。
 しばらくここで休憩し新神谷橋(環七)を越えて川沿いの一般道を走行していくと前方に水門らしきものが見えた。ようやく隅田川始点の岩淵に到着したようだ。

 志茂橋を渡り(この橋より先は新河岸川となって続いているようだ)荒川治水資料館を横を通って土手上に上がるとようやく開けた荒川を眺めることができた。
 なにやら消防車と救急車とパトカーがきていたがどうやらMTBに乗った人が怪我をしているようであった。
 しばらく水門付近を探索し木陰で遅めの昼食をとることにした。


●荒川土手より新旧岩淵水門を望む

●旧岩淵水門にて

 昼食休憩後に岩淵水門上を通りいよいよ荒川サイクリンロードの右岸を走行していくことにした。
 このあたりの対岸は埼玉県川口市で右岸の一部も川口市になっているようなので埼玉県初上陸となったようである。


●岩淵水門付近にて

 荒川サイクリングロードでは多摩川と違い主に河川敷上の広く快適な舗装道を走行することになった。運動場や広場を横目に走行していき快適な路面状況等もあってついつい巡航スピードも上がってしまい平井大橋までノンストップで飛ばしてしまった。のんびりポタリングのつもりが…。
 さらに草野球場横を通りぬけいくつかの橋をくぐり抜けて船堀橋下に到着。ここからいったんコースを外れて船堀タワーへ向かうことにした。


●新船堀橋より上流方面を望む

 長い橋を渡り対岸の街にでる。船堀駅前にあるタワーにエレベーターで7Fまでのぼる。展望フロアへはさらに専用のエレベーターで案内係つきであがることになった。
 展望フロアは360度見渡せた。あいにくの天候だったので遠くは霞んでいたが荒川の流れや江戸川、江東区の街並みがよく見渡せた。


●船堀タワー展望フロアより荒川を望む

 再び荒川右岸に戻ることにする。途中首都高速の高架下から川岸に降りられるようにスロープがありここを下れば荒川左岸のサイクリングコースにでられるようであったが今回はもとの右岸に戻ることにした。

 葛西橋をくぐり清砂大橋で左岸に渡ることにした。右岸のこの先は清掃工場手前で終点になるようであった。
 左岸に渡ると中川という表示板があった。首都高下の中洲が境になっているようだ。


●清砂大橋より荒川河口を望む

●葛西臨海公園手前のサイクリンコースにて

 前方に荒川河口橋をみながらこいでいくとなにやら太鼓の音が響いている。なにかのお祭り(カーニバル)の練習だろう。どんどこどんどこと響く中を突き当たりを左にまがると終点の葛西臨海公園に到着した。このあたりはつい先日ディズニーランドまで走行した際にも通ったので見覚えがあった。

 公園でしばらく休憩後に葛西橋まで引き返し橋を渡ろうとするのだが何やら段上になった車道に出てしまいなかなか下に降りることができなくなてしまったのでそのまま直進しようやく普通の道となったのでUターンして葛西橋まで戻る。このあたりの左岸のサイクリングコースは首都高下のコースを行くようである。

 葛西橋を渡り(道幅が異様に狭い)少し迷いながらも仙台堀川公園に侵入することにした。
 狭いながらも緑豊かでなかなか楽しい道が木場公園手前まで続いていた。

 さらに仙台堀川沿いを走行して海辺橋で左折し深川の商店街を抜けて門前仲町駅前を右折し永代橋を渡り鍛冶橋通りから八丁堀駅前を左折し新大橋通りにでて築地、海岸通り、旧海岸通りを走行して八潮橋を右折し鮫洲公園でしばらく休憩。旧東海道をふらふらと走行して鈴ヶ森からR15号線に合流するとあとはくるくると帰巣本能に従ってこぎつづけ生麦あたりのコンビニ横で一息ついてなんとか無事帰宅することができた。


●永代橋より佃島方面を望む
 
 今回は隅田川沿いはのんびりポタリングで荒川沿いは快速走行と一粒で二度おいしいといった感じであった。天候は悪く良い写真は撮れなかったが炎天下の中を木陰の少ない川沿いの道を走るよりも好都合だったのかもしれない。
 
 さすがに帰路では途中で尻もいたくなり(120km前後で毎回痛くなるようである)毎度のことながらへろへろとなってしまった。


自転車関連のブログランキングへ

拍手


HOME
Page Top

Comment
この記事にコメントする
名前
Name
URL
メール
Mail
文字色
Font Color
タイトル
Title
コメント
Comment
パスワード
PassWord


最新記事
最新コメント
[02/24 六浦っ子]
[12/18 六浦っ子]
[12/11 六浦っ子]
[09/14 ナガ]
[08/11 ナガ]
アーカイブ

忍者ブログ [PR]
PR